2007年07月07日

「30」サヨナラ

次の日コズから居酒屋に誘われた。


「いつまでも泣いてるんじゃないぞ」

と笑いながら言うコズに

「泣いてないよ もう大丈夫だよ」

とこっちも笑って返した。


コズは真面目な顔で

「あなたはフィリピン人はもう止めた方がいいと思う」

と言った。


それから数日後

「お願いがあるんだけど

しばらく夜働きたいから夜だけ子供見て欲しいんだけど」

と言われ

彼女は昼・夜と仕事をこなした。


そして新しく親子3人で住む場所を探し

僕の家を出て行った。


「みやるが日本人と結婚しても

日本人の彼女出来ても

フィリピン人を好きになっても

二人はいつまでも友達だよ

みやるなら絶対幸せになれるよ

いい人を見つけられるよ」

コズは出て行く前にそう僕に告げた。


僕はコズの事をどう思っていたのだろう。

あの時もしコズに

「このまま一緒に暮らさないか?」

と言っていたらどうだったんだろう。


コズは現在職場で出逢ったフィリピンを全く知らない男性と

付き合っていて幸せそうだ。


月に1度位逢うんですが

コズの幸せそうな顔を見る度に

「コズの為にもあの時の選択は間違ってなかったんだよな」

とは思う。


だけどやはりこの時も自分の気持ちと言うのを

表現する事は出来ずじまいだった。

posted by 未弥瑠 at 09:11| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

「29」伝えておきたい事

部屋に戻り

「そっか ライカも色々大変だったんだ。」

と一言。


この時点で

「俺と一緒に暮らさないか?

俺だったらライカにこんな思いさせないよ」

と言う気持ちが無かったと言ったら嘘になる。


しかし一時でも彼を選び彼と幸せに暮らしてたライカ。

そして彼との幸せな日々に僕の存在は無かった。

今回もたまたま連絡が通じたのが僕であっただけの話し。


そう考えると必要とされてないなと思った。


僕は

「ライカはおばさんのところに行くのが

一番なんだよね?」

ととりあえずライカの意思を聞いた上で

「俺もあれから色々あってさ。

今じゃタガログもけっこう分かるんだよ。

フィリピン好きの友達もたくさん出来たし。

フィリピーナの彼女も前居たんだよ。

ライカの時ほどは思えなかったけどね」

などと自分の事を話し


「ライカに出逢えたからフィリピンと関われたから

ありがとうって思ってるよ。

俺にはライカを幸せにしてあげられる事は出来ないけど

幸せになれる様に祈ってるから」

と告げた。


ライカは泣いていた。


僕は一言だけ

「でももう連絡は取るのは止めよう」

と冷たい言葉を投げかけた。


恐らくそれが僕の唯一の意思表示だったんだと思う。


おばさんから

「もう着くよ」

と連絡が入ったので僕はポケットに入れておいた

封筒をライカに渡した。


「これ手紙だから着いてから一人で読んで。

車の中では開けないで。」

と言いライカを軽く抱きしめ

「幸せになってね」

と言った。


この封筒の中にはけっこうな現金が入っていた。

それは行く前にライカがお店仕事をしてると思ったから

数日滞在する為と店に通う為に下ろしたお金だった。


多分一度部屋を出てこの封筒をポケットに入れた時点で

こういう結末にすると決まっていたんだと思う。


ライカを載せた車が見えなくなるまで

「ライカをよろしくお願いします」

とおばさんに頭を下げ僕は新幹線に乗った。


新幹線の中で何故か涙が止まらなくなっちゃって

「家にも帰りづらいな〜」

なんて。


コズに

「これから帰るね」

と告げ家に帰ると誰も居ない。


テーブルの上に下手糞な字で

「きょうはゆっくりしなさい

ともだちのいえにとまるから」

と言う置手紙が。


コズはいい奴だった。

そんなコズの手紙を見てまた涙が溢れた。


この出来事があって数日後僕は携帯を解約した。

過去を振り返らない為に。
posted by 未弥瑠 at 22:31| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「28」告白

「話し聞かせてもらってもいい?」

僕からそう切り出しライカの部屋で

話を聞く事になった。


ライカは僕が初めてあの店を訪れる前に

付き合ってた男性が居た。


しかしその男性とは喧嘩が絶えず

別れたんだそうです。


その後僕と出逢い僕を好きになったそうなのですが

フィリピンに帰る前に彼女は体の異変を感じた。


妊娠していたのだ。


その事を僕に告げるか何度も迷ったらしい。

だけどそれは結局出来なかった。


ライカが言うにはそんな時偶然元彼が

お店を訪ねたそうだが

恐らくライカから連絡したのではないかと思う。


妊娠の話しを聞き元彼は喜び

無事結婚をしたんだそうです。


しかし一緒に住みだしてみると

彼は毎晩の様に飲み歩き

それをライカが注意したり怒ると

暴力で返したんだそうです。


彼女の顔にあるこの痣も

それが原因かと少し納得した。


ライカは耐えられなくなり

ここに住んでるおばさんに助けを求めたんだそうです。


しかしおばさんも迎えには行けず

僕のところに電話をしたと。


そして泣きながら僕に謝ってきた。


「そっか 色々あったんだ」

僕はとりあえずそれだけ言い

「ちょっと待ってて」

と言い一度部屋を出た。
posted by 未弥瑠 at 21:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「27」逢えなかった数年間

しばらく待ってると大きな荷物を持った

ライカがやってきた。


久しぶりに観たライカの顔は

正直あまり記憶になくあまり以前との比較は出来なかった。


何故なら

「忘れなきゃ」

と強く思っていたので

写真類などを捨ててしまってたので。


しかし明らかに過去にはなかった顔の傷らしきものと

寝不足のせいか目の周りが黒くなってるのは

とても気になった。


「ごめんなさい 〇〇に連れてって」

ライカは怯えた様な顔をしながら

僕に懇願した。


ほんとはここで色々理由も聞きたかったのですが

あまりにもライカが必死なので

「分かったよ 荷物持つよ」

と言い新幹線を使い関東方面へ逆戻り。


新幹線の中で色々な話しをするのは

ちょっと嫌だったので

「ライカ疲れてるんじゃない?

目黒いよ。

俺も昨日寝てないから着いてから話そう」

と言い目を閉じた。


しばらく経つと

「スースー」

と寝息が聞こえ出した。


僕は目を開けライカをマジマジと見た。

この二年間何があったの?

なんであの後連絡してくれたかったの?

なんで日本に居るの?

聞きたい事は山ほどあった。


そして

これが数年間僕を悩ませてた女性なんだな〜と。


ライカが行きたいと言っていた場所に着く前に

目を覚ましたライカ。


一瞬恥ずかしそうにした後強張った顔で

「ごめんなさい」

と。


駅を下り

「これからどうするの?」

と聞くと

「おばさんがいるの

だからおばさんが迎えに来てくれると思う」

と言い電話を掛けるライカ。


次の日の早朝迎えに来るらしく

僕達はビジネスホテルへと向かいました。


「シングルで二部屋お願いします」

と頼みライカに鍵を渡す僕。


「一緒じゃないですか?」

と聞くライカに

「話し聞かないと分からないから」

と言いました。


ハッとした様な顔をするライカ。

「ごめんなさい」

特に何も答えず軽く笑い僕は自分の部屋へと入りました。


煙草を一本吸う間に聞かなきゃいけない事や

聞きたい事を整理しようとしたけど

途中で諦めた。


多分聞きたい事や言いたい事は無限で

整理なんて出来るはずがないから。


ライカの部屋をノックし

「ご飯食べた?」

と聞く僕。


ライカはあまりご飯を食べてなかった様で

二人で行った居酒屋では

夢中で食べていた。


そんなライカを見ながら

「俺と逢わない数年に何が起こったの?」

とまた心の中で訴えていた。
posted by 未弥瑠 at 21:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「26」なぜ今更?

この頃はたくさんのフィリピーナに

電話番号を晒してましたから

見知らぬ番号には出ない様にしてたんです。


だから夕食時に掛かってきたこの電話も

最初は放置していました。


しかしあまりにもしつこくなる電話に

コズと子供達は

「出ないの??」

と言うオーラを出す^^;


仕方ないので電話に出ると

「もしもし みやる?」

とフィリピーナらしき声。


「やっぱりフィリピーナか」

と溜め息をつきながら

「うん そうだけど誰?」

と。


「ライカです  覚えてますか?」

一瞬ポカーンとしちゃいましたが

「えっ??  ライカってあのライカ??」

と変な質問をしちゃいました。


「ごめんね 電話して

逢えないですか??」

と聞くライカ。


コズに

「初めて好きになったフィリピーナ」

と告げ

「逢えるよ 何処に居るの??」

と聞いた。


ライカが告げた地域はある東北の地域名。


コズには以前からライカの存在を言っていたので

「すぐに逢いに行きなさい

何かスッキリするかもよ」

と言ってくれた。


その日はまともに寝れず新幹線の中でも

何を考えてたのかよく覚えていない。


とにかく

「呪縛」

って言葉が似合う様な感じで

数年間心から離れなかったライカとライカの謎。


それがやっと解き放たれるんだと言う気持ちだけは

あったと思います。


東北のとある駅につきライカに

「着いたよ」

と連絡。


あまりにも電話に出るスピードが早かったのと

声が堅かったので

「何かあったのかな?」

と少し心配になりました。
posted by 未弥瑠 at 21:06| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「25」同居

ある日コズと食事をしたのですが

いつも元気なコズがその日に限って元気がない。


「どうしたの?」

と聞くと

「う〜ん ちょっとね」

と。。。


その後話を聞くとどうやらそれまで共同で暮らしてた

フィリピーナがフィリピンに帰るらしく

今まで折半で払ってた家賃を

一人で払うのはちょっと厳しいみたいな感じで。


もっと狭くて良いから安いところに移りたいけど

外国人で子供が二人居てと言う状態じゃ

そういう狭い場所を借りるのに

断られちゃうらしいんですよね。


その後僕も一緒に不動産へ行ったり

コズも一人で周ったりした様ですが

中々見つからなくて。


この時のコズはほんと見てられなくて

「じゃ 見つかるまでうちのマンションくる?」

と言いました。


そして僕とフィリピン人親子の同居が

始まりました。


僕もしばらく一人だったので

新鮮だったのもあるし

「このまま結婚しちゃえば幸せなのかな〜」

とも思いましたね^^;


しかしある日掛かってきた一本の電話で

穏やかな日々も形を変えるのでした。


posted by 未弥瑠 at 15:49| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「24」同居フィリピーナ

リカが帰ってからの僕は

「彷徨い人」

みたいな感じでした。


この頃のフィリピンパブって

恐らく今以上に酷いものでした。


どの辺が酷いかと言うと

今は曲がりなりにも

「アルバイトフィリピーナで客を呼ぶんだ」

と言う店の意思だけは明確にあります。


しかしタレントが帰った頃って言うのは

お店自体も

「今後どうやって経営していくべきか」

と模索してた頃だと思うんです。


そしてフィリピーナもすぐには見つかりませんから

知り合いに頼んだりして

なんとか人数を集め。


一昔前はブイブイ(死語)言わせてた様な

おばちゃん達がたくさん居ました。


「お店で働くのなんて10年以上ぶりだわ」

みたいなフィリピーナばかりで

更に長く働く気は無く

「頼まれたから仕方なく」

って感じでしたからほんと酷かったです。


そんな中一件のスナックで意気投合した

おばちゃんが居て

そして偶然にも僕が当時住んでたマンションに

友達のフィリピーナが居たそうで

「今度遊びに行ってもいい?」

と。


そしてそのおばちゃんが来る事になったんですけど

一緒に連れてきたのが

コズだったんです。


コズは昼間の仕事をしてて

夜の仕事はしてないらしくバツイチ子持ち。


若い時に結婚したそうで

子供は当時6歳と4歳だったけど

まだ20代だった。


ある日

「インターネットカフェに行きたいんだけど

どうやったらいいか分からなくて」

なんて連絡をもらい

それ以来じょじょに仲良くなり

子供達とも逢う様になったんです。


そしてある事がきっかけで

同居する事になったのですが

それは次回に書きます。
posted by 未弥瑠 at 15:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「23」最後のタレント

以前ゼルが働いてたお店に

リカと言うフィリピーナが居ました。


僕は何故かここのお店だけでは評価が良く

指名もされてないのに休みの日をもらったり

なんて事が多かった。


多分フィリピーナ達からしたら

「せっかくの休み位楽しく過ごしたい

でも一人じゃ何処にも行けない」

なんて時に僕の存在はアンパイだったのかも

知れません^^;


何故なら僕のお店でのスタイルと言うのは

フィリピーナからくっ付かれると

それを避ける様にフィリピーナとは反対側に

移動する位でしたから^^;


まぁ 恥ずかしいとか言うのもありますが

それ以上に暑がりでそれにコンプレックスが

ありましたから

あまりくっ付きたくないんです(苦笑)


何故なら汗を掻きたくなかったし

それを相手に気付かれたくなかった^^;


リカもその他のタレントがそうだった様に

指名をする前から僕をデートに誘いました。


フィリピーナって言うのは基本的に

時間にルーズですが

彼女は約束の数十分前に現れました。


顔を真っ赤にして

「暑い 暑い」

と言う彼女。


その後入ったカラオケBOXでのご飯。

彼女は手が震えていて箸を落としたんです。


「ごめんなさい

ほんとは恥ずかしいです。

顔赤いのもそうかな?」

と照れ笑い。


可愛かったな〜。


彼女は僕の為に料理も作ってくれたし

毎日僕が起きる時間に合わせてモーニングコールも

してくれたし

そして何よりもいつも

「僕が楽しく過ごせてるかどうか」

と言うのをいつも心配してくれてました。


僕が元気が無かったりあまり話さないと

「まだゼルの事忘れられないですか?」

と心配してくれたリカ。


そう言えばゼルのサヨナラパーティの日

ヘルプでついてくれたのがリカで

「大丈夫です あなたが彼氏です

心配しないで」

なんて言ってくれたな〜。


他のタレントから

「リカの事どう思ってるの?」

とかってよく聞かれたし

僕と一緒にこのお店に通ってる人も

「みやるの時だけはあの子はいつもと違う笑顔してるよ」

なんて言われ

実際愛まではいかないにしても好感は

持ってくれてたと思う。


一方僕もその頃には珍しく

「彼女だけには幸せになってもらいたい」

と心から思ったんです。


だけど彼女と付き合うのには自分が汚れ過ぎてて

彼女の目を見ると眩し過ぎて

まともに向き合う事が出来なかったんです。


タレントが来れなくなる頃でしたから

もう日本では逢えないと予想してましたが

彼女の為だったら送金もしてあげられるし

フィリピンまで逢いに行く事も出来ると思っていた。


だから

「フィリピンに帰ったら絶対連絡ちょうだいね」

と言いましたが

彼女から電話が来る事はありませんでした。


ある時期から嫌われたのかも知れないし

他に大切な男が出来たのかも知れないけど

そこら辺はどうでも良いんです。


自分さえもっと説教的にアプローチし

自分の気持ちを伝えられたら。。。

それだけが後悔です。


サヨナラパーティの日いつも笑顔のリカが

僕の席につくと泣き出しました。


そして帰る際いつもは笑顔で見送る彼女が

深々とお辞儀をしました。

きっとこれが彼女の

「僕とは連絡を取れない」

と言う姿勢だったんだろう。


だけどリカには心から感謝しています。

久しぶりに一人の人間・そして女性として

接する事が出来たし

しばらく忘れてた気持ちを思い出させてくれた子だから。


僕は彼女に何も出来なかったけど

彼女が今幸せに暮らしてる事を願います。


posted by 未弥瑠 at 13:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「22」フィリピンホームページ

確かこの時期辺りに

フィリピンのホームページを持ったんです。


なんで作ろうと思ったのかは

よく分かりませんが

日記を書いたり掲示板を作り

フィリピンフリークの方と交流したり。


その後ブログに移るまでには

また時間が掛かるんですけど

このホームページ2年程続け80000人位

閲覧人数があったんです。


未だに

「あっちの方が楽しかったのに」

って言う人もけっこう居ます^^;


基本的にブログって僕の独り言のみで

ホームページと言うのは

それぞれが主役だったりしますからね。


この頃の僕は前章で書いた

「結婚する事に夢中なフィリピーナ」

って言うのにお腹一杯で

「もうフィリピンパブは駄目なのかな〜」

と考える様になりました。


まぁ 心から

「フィリピンパブって駄目だ」

と思うのは随分先の話になるんですけど。
posted by 未弥瑠 at 13:27| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「21」最低な男

なんかこの辺はあまり書く気分が乗らないのですが

書きます^^;


「書かなきゃいいじゃん」

なんて言う突っ込みは今の僕には勘弁して下さい(笑)


日本に相当な数来てたフィリピーナが居ました。


彼女は何故か僕の事を気に入ってくれ

毎回のフィリピンパブ代や同伴代

そして同伴中のご飯代などまで出してくれました。


この時の僕には

「悪いな〜」

と言う気持ちはあまりなくて。。。

う〜ん 駄目人間だったな〜。。。


そして彼女は

「フィリピンで一緒に暮らさない?

私ビジネスやってるからあなた働かないでもOK」

なんて言ってくれたんです。


僕は今でもそうですが、

あまり日本でしたい事や夢中になってる事も無いし

フィリピンで暮らすのも幸せかな〜

なんて思ったんですよね。


彼女はタレントでもう一回戻って来るから

それが終わるまでに答えを聞かせてなんて言ってたんですけど

結局僕が他のフィリピンパブに行ってるのがバレ

そのままになっちゃいました。


いつもお金を出してもらい

自分は他の店で遊んでるんじゃ謝り様もなかった。


そして

「タレントが来れなくなるかも」

なんて話しがネット上などで出てきて。


フィリピーナ達もその話を聞き

「日本人と結婚しなくては」

みたいな危機感を感じる様になり

今までは

「逢いたいからお店に来て」

とかって感じだったんですけど

まず独身かどうかを聞きその後

「奥さんが夜のお店で働くのは大丈夫?」

とお決まりの様に聞かれ

その二つさえクリアすればヤレると言う時代に。


今よく掲示板などで

「結婚したのは良いけど奥さんが逃げちゃった」

「奥さんが冷たい」

なんて言う人が多いのですが

これって日本人だけはほんとの結婚で

フィリピーナ側はビザだけ欲しかったり

なんて言うのもあるんです。


勿論そればかりじゃないですけど

自分が頑張った訳じゃないのに向こうだけ

結婚に対し凄く乗り気とか

あまりにも早く結婚の話が出るなんて言うのは

注意して下さい。


ちなみにこの頃の僕は最高に壊れてて

フィリピーナ達もこういう危機感がありましたから

ドロドロでした。。。
posted by 未弥瑠 at 13:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでを振り返り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。